活動効果

海外進出に関して公的機関との継続的な活動に於いて

今後、発展が見込まれる東欧諸国に対する橋頭堡を作る!

そのためには、公的機関との連携は不可欠である。

そこで、今回の交流会開催を機に、名誉領事館を通じて日本国政府、外国政府との連携を進める。

官公庁/各省庁に対する御社の国際的な付加価値を付ける。

御社のビジネスの可能性を国際的に認知させる。

 

 

芸術文化交流祭を、第一歩にして、それぞれの政府機関に適した報告が可能

TOPICs(例)

日本国政府

-御社製品を通じ日本製品の優位性をアピール。試験実施報告などもおこなう。

外国政府・公館

-駐日外国公館(今回はモンテネグロ名誉領事館)を通じ、東欧圏進出の先陣を切る。

国連・NGO

-文化的社会貢献者としての御社の存在をPR

 

付随効果

公的機関との連動事業広報推進に於いて

『政府/各省庁・外国政府/公館への交流祭開催と広報紙作成・配布による付随効果』

・日本国政府/各省庁・外国政府/公館に対し、交流祭開催に伴う広報紙作成・配布

・日本国政府/各省庁・外国政府/公館に対し、御社のCSR活動を通じた企業イメージ向上をPR

・日本国政府/各省庁・外国政府/公館に対し、御社の製品の認識を高めることができる

・日本国政府/各省庁・外国政府/公館に対し、関係強化を図る事が出来る

・日本国政府/各省庁・外国政府/公館に対し、海外事業進出の協力を要請をする事が容易になる

・国際機関・NGOを通じ、困難にあえぐ東欧圏へのCSR活動による、国際的評価や企業イメージの向上

 

 

広報紙配布

政府を通じて

1)貿易振興

2)窓口の紹介

3)第三国への紹介

 

国際機関・NGOを通じてCSRでの国際的評価の向上